yum で Fedora Legacy の設定(Red Hat 9)

2004-6-10 06:41
このエントリーをはてなブックマークに追加

Red Hat Linux 9 で yum を使う方法を紹介しました。4月30日で Red Hat Linux 9 の公式サポートは打ち切られましたが、コミュニティベースの Fedora Legacy Project からリリースされるセキュリティアップデートを利用してパッケージの更新が可能です。yum で Fedora Legacy ほ利用するには設定が必要です。

yum.conf の編集

yum の設定は /etc/yum.conf ファイルで行ないます。

  [main]
  ……
  exclude=kernel*
 
  [fedora-legacy]
  name=Fedora Legacy update for $releasever ($basearch)
  baseurl=
    http://download.fedoralegacy.org/redhat/$releasever/updates/$basearch/
#  http://riksun.riken.go.jp/pub/Linux/fedoralegacy/redhat/$releasever/os/$basearch/

上記のように追記し、保存します。コメントになっている方はミラーサイトです。ミラーされるまでに時間がかかりますが、つながりやすいです。次にテストとして yum check-update コマンドで、アップデートのチェックを行ないます。初回や、しばらく起動していない場合は時間がかかります。

  # yum check-update
  Gathering header information file(s) from server(s)
  Server: Fedora Legacy update for 9 (i386)
  Finding updated packages
  Downloading needed headers
  Name                                Arch   Version                  Repo
  --------------------------------------------------------------------------------
  mutt                                i386   5:1.4.1-3.3              fedora-legacy
  httpd-manual                        i386   2.0.40-21.11             redhat-updates

更新版がある場合は表示されます。

自動実行の設定

yum の自動実行は ntsysv コマンドで、yum の自動実行を ON にするだけです。これで1日1回 yum が自動実行され、自動的にアップデートが適用されます。yum.conf で exclude=kernel* としたのは、カーネル関係のパッケージについては再起動が必要になることなど、慎重を期してアップデートしないようにしてあります。

また、特定のパッケージについては自動アップデートしたくない場合は、yum.conf の exclude オプションにパッケージ名をスペースで区切って列挙します。ただし、手動で yum コマンドを実行したときにも表示されなくなっしまいますので、注意が必要です。

  exclude=kernel* perl-TimeDate perl-DateManip bash-completion

2 Comments

  1. お世話様です。

    updateが途中で止まってしまい困っていたところこのページに
    出会い /etc/yum.conf を以下に変更したところupdate できました。
    —-
    [main]
    cachedir=/var/cache/yum
    debuglevel=2
    logfile=/var/log/yum.log
    pkgpolicy=newest

    exclude=kernel*

    [fedora-legacy]
    name=Fedora Legacy update for $releasever ($basearch)
    baseurl=
    http://download.fedoralegacy.org/redhat/$releasever/updates/$basearch/
    #http://riksun.riken.go.jp/pub/Linux/fedoralegacy/redhat/$releasever/os/$basearch/
    gpgcheck=1
    failovermethod=priority

    Download 場所を変えたのと、
    exclude=kernel*
    を追加したのが良かったのかなと思っています。
    ありがとうございました。

    Comment by Aoki — 2005-03-10 15:00

  2. #yum update で止まってしまいました。
    止まったところが
    Is this ok [y/N]: y
    Getting grip-3.0.4-5.2.legacy.i386.rpm
    error: rpmts_HdrFromFdno: MD5 digest: BAD Expected(2e2335378f34be4db8885dbf88b2de5c) != (30ac8a5286b44236e3fc4a397dfbc8d5)
    Damaged RPM /var/cache/yum/redhat-updates/packages/openoffice-1.0.2-11.2.legacy.i386.rpm, removing.
    Getting openoffice-1.0.2-11.2.legacy.i386.rpm

    のところだったので
    /etc/yum.conf の中で
    exclude=kernel*
    のところを
    exclude=kernel* openoffice*
    のようにしましたら 先に進みました。

    Comment by Aoki — 2006-02-8 13:34

Sorry, the comment form is closed at this time.

71 queries. HTML convert time: 1.304 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン