CentOS5 64bit の yum で i386 の RPM が入らないようにする

2013-8-14 17:09
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 5 の 64bit 環境では yum で **-devel パッケージを入れるときなどに i386 のパッケージが入ってしまいます。

これを防ぐためには

  # yum install httpd-devel.x86_64

のように毎回 .x86_64 をつければよいが煩わしいですね。

i386, i686 のパッケージを一切使わないのであれば、yum.conf に次のように指定すれば OK です。

# /etc/yum.conf
multilib_policy=best

これで yum で i386 のパッケージが入ってくることはなくなります。

すでに入ってしまった i386, i686 の RPM をまとめて削除するには、x86_64 環境で i386 の RPM を削除する の記事を参照してください。

  • ブックマーク : アクセス: 32,218回
  • カテゴリー : Linux
  • キーワード : , ,

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

69 queries. HTML convert time: 1.130 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン