vsftpd のログインに時間がかかる

2012-8-11 22:26
このエントリーをはてなブックマークに追加

DNS の名前解決できない IP アドレスからアクセスしている場合、vsftpd のログインに時間がかかることがあります。

/etc/vsftpd/vsftpd.conf の設定で、接続元の逆引きをしないように設定できます。

reverse_lookup_enable=NO

ところが、CentOS 5.8 では有効だったこの指定が、CentOS6.2 の vsftpd-2.2.2-6.el6_2.1 では無効で、次のようなエラーとなってしまいます。

500 OOPS: unrecognised variable in config file: reverse_lookup_enable

このエラーは元の RHEL6.2 にも存在しますが、Bugzilla によると、RHEL6.3 で解決したそうです。

試しに CentOS 6.3 の vsftpd-2.2.2-11.el6 にアップデートすると、問題なく機能が有効になりました。

これで FTP ログインに時間がかかる現象が回避できます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

69 queries. HTML convert time: 1.280 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン