NIC二枚差しのマシンでNetBIOSのエラー

2004-3-18 20:16
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 2000 サーバで以下のようなイベントログが大量に出て、イベントログ自体が肥大化してエラーを吐くという事態に陥っていました。

NIC 二枚差しの Windows 2000 サーバが2台あり、どちらのネットワークを経由してもお互いに通信できる状態にあります。しかし、NetBIOS は1つの NIC でしか有効ではないので、サーバXはネットワークAで NetBIOS を使い、サーバYはネットワークBで NetBIOS を使っている状態になっていたようです。

サーバとネットワークの関係図

サーバ同士の会話にたとえると、まずXが「私がマスターブラウザですよーん。」とネットワークAにブロードキャストで宣言。Yはそれを受け取り、「マスターブラウザのXさん、コンピュータの一覧を下さいな」とXに返信。このときYはネットワークBを使います。

しかし、XはネットワークB経由で「マスターブラウザのX」と言われても、それが自分のことだと認識できません。XはA側のマスターブラウザだからでしょう。このため、自分以外にXというマシンがあると誤解してしまいます。この結果、Xは、「TCPネットワーク上で重複する名前が検出されました」というエラーを出してしまいます。

以上は私の推測ですが、サーバXのA側の NIC をいったん「無効」にし、「有効」に戻すと、マスターブラウザがB側の NIC に移り、エラーメッセージは出なくなりましたので、ほぼ当たっていると思います。

しかし、NetBIOS が片方の NIC でしか有効にならないので、根本的な解決にはなりそうもないですね。

ちなみにどのマシンがマスターブラウザかを知る方法ですが、探していたところ、Windows 標準機能でマスターブラウザを判別する方法は?という記事を見つけました。

nbtstat -a <コンピュータ名> で、結果に ..__MSBROWSE__.<00> が含まれるコンピュータがマスターブラウザだそうです。

しかもこの作業を自動実行してくれる VBScript が提供されていたので頂いてきました。なかなか便利です。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.198 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン