MRTG のグラフでピーク値を表示する。

2012-1-27 20:18
このエントリーをはてなブックマークに追加

MRTG で Load Average をグラフ化する方法を書きましたが、この方法では、週、月、年のグラフになると、値が平均化されていくため、最大の負荷がどれだけであったのか分かりません。

そこで、グラフにピークの値を表示するには WithPeak オプションを使います。

arget[load]: .1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.1&.1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.2:v-centos-local@localhost
MaxBytes[load]: 1000
WithPeak[load]: wmy
Options[load]: growright,withzeroes,gauge,nopercent,noinfo
YLegend[load]: Load Average
YTicsFactor[load]: 0.01
Factor[load]: 0.01
ShortLegend[load]: pt.
LegendI[load]: 1分平均
LegendO[load]: 5分平均
Legend1[load]: 1分平均
Legend2[load]: 5分平均
Legend3[load]: 1分最大値
Legend4[load]: 5分最大値
Title[load]: Load Average
PageTop[load]: <h1>Load Average</h1>

WithPeak の値としてピーク値を表示したいグラフを、週(w)、月(m)、年(y) で指定します。ピークグラフの項目値は Legend3Legend4 になります。

これで MRTG のグラフには、ピンクとダークグリーンの線でピーク値のグラフもあわせて描画されるようになります。

ピーク値をMRTGに表示した例
  • ブックマーク : アクセス: 26,305回
  • カテゴリー : Linux
  • キーワード :

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

25 queries. HTML convert time: 0.180 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2013 @ futuremix.org ログイン