SFCGが民事再生法を申請

2009-2-23 07:48
このエントリーをはてなブックマークに追加

NIKKEI NETから。商工ローン大手の SFCG が民事再生法を申請したとのこと。負債総額は3000億円だそうです。

商工ローン大手のSFCG、民事再生法を申請 負債総額3000億円  東証1部上場の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3000億円とみられる。1978年に創業し中小企業向け融資を手掛けたが、強引な債権回収方法が社会問題となり信用力が低下。融資先企業の経営悪化や金融危機の影響による資金調達難で経営が行き詰まった。

SFCG は20日に、大島健伸社長兼会長が代表権のない会長に退き、小笠原充執行役員副社長が社長昇格する人事を発表したばかりです。その際は「経営体制強化の一環」と説明されていましたが事実上の事実上の引責と見られていました。最近では資金繰りのためか、投資していた傘下の佐藤食品工業やビオフェルミン製薬、理研ビタミンなどの株を売却していました。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.692 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン