萩野貞樹『ほんとうの敬語』

2005-5-5 22:34
このエントリーをはてなブックマークに追加
萩野 貞樹 ほんとうの敬語

ほんとうの敬語』。タイトルからして柴田武氏の『ホンモノの敬語』への批判が感じられますが、実際にその通りでした(笑) それどころか、国語審議会や金田一春彦氏、『広辞苑』までバッサリ切り捨てて、私の言うことだけ聞いていればよろしいとまで書かれています。

「なんか変な本を買ってしまったなあ……」と思いつつ読み進めていくと、その考えは変わっていきました。それも目から鱗が落ちるようでした。この本はすごい! 今まで読んだどの敬語の本よりも分かりやすかったです。敬語というものは、いままで難しいものだと思っていました。国語の授業で習ったときも、他の本を読んだときも、分かったような気にはなるものの、イマイチしっくり来ない感じでした。

ハギノ式による図示の一例

それが、この本を読んで「敬語ってこんなに簡潔だったんだ」ととてもスッキリしました。特に謙譲語や丁寧語の説明は、非常に分かりやすいです。いや、この年になってはじめて分かりました。『スタイルシート Web デザイン』で、HTML とスタイルシートの関係を初めて理解したとき以来の衝撃かも。

本書中ではハギノ式という、図式で敬語を解説してくれるのですが、これがまたわかりやすいのです。しかも、ハギノ式は UML にも通じるシンプルな美が感じられました。巻末には新書には珍しく索引も付けられ、参考書として手元において使うことも考えられています。敬語の参考書はこの本で決まりでしょう。お薦めです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

68 queries. HTML convert time: 1.150 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン