長野まゆみ『鉱石倶楽部』文庫版

2005-9-1 23:38
このエントリーをはてなブックマークに追加
鉱石倶楽部

長野まゆみの『鉱石倶楽部』が文庫になりました。子どもの頃から鉱石図鑑の類が好きなのですが、この本はさらにそれを科学ではなくファンタジーとして捉えるところが非常に面白い一冊です。たとえば月長石(ムーンストーン)を月露というドロップだと解釈するあたり。

『鉱石倶楽部』の単行本は私のお気に入りの一冊です。単行本の発売が 1994 年だから、10年経ちました。もちろん鉱石はそのままカラー写真がふんだんに使われています。サイズは小さいですが。

文庫と単行本(MOE BOOKS)

文庫版には単行本同様、短編小説「ゾロ博士の鉱物図鑑」が収録されていますが、文庫版にはイラストは収録されていません。また文庫版には「砂糖菓子屋とある職人のひとりごと」が収録され、著者秘蔵のコレクションも見ることができます。

また文庫版にはエッセイとして「石を売る(みせ)」が収録されています。つまり単行本を持っている人にとっても、文庫版は買う価値有りです。もちろん長野まゆみワールドが好きなことが前提条件ですが。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

68 queries. HTML convert time: 1.048 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン