ブロードバンドルータの Syslog を Linux サーバに飛ばす

2005-1-22 10:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のブロードバンドルータ、ISDN ルータなどは、Syslog をサーバに転送する機能が標準的についています。ルータの設定画面で Syslog を見ることもできますが、リセットした時にログが消えてしまったり、保存できる量が少なかったりして、いざというときに役に立たないこともありますし、面倒です。

ここでは、ルータの Syslog を Linux サーバに転送する方法をまとめます。Linux サーバは Red Hat Linux 9 を使用して確認しました。

Linux 側の設定

まず、/etc/syslog.conf を設定し、ログを録るファイル名を指定します。

  # Router
  user.*         /var/log/router

次に、syslogd が、外部からのログの転送を受け付けるようにします。Red Hat 系では /etc/sysconfig/syslog ファイルを編集します。SYSLOGD_OPTIONS-r を指定します。

  SYSLOGD_OPTIONS="-r -m 0"

iptables でファイアウォールを運用している場合は、UDP ポート 514 を解放する必要があります。iptables の設定方法はいろいろありますが、ここでは /etc/sysconfig/iptables を直接編集します。次のような記述を追加します。

  -A RH-Lokkit-0-50-INPUT -p udp -m udp -s 192.168.1.254 --dport 514 -j ACCEPT

-s に指定した IP アドレスはルータの IP アドレスです。設定が終わったら iptables と syslogd を再起動します。

  # service iptables restart
  # service syslog restart

ブロードバンドルータの設定

ルータ側の設定は、ルータにより異なりますので、各製品の説明書に従って設定してください。次の画面は NetGenesis OPT-100 の例です。

NetGenesis OPT の設定画面

YAMAHA の NetVolante の場合の例です。

Net Volante RT54i の例

設定が終わったらテストしてみましょう。例えば切断、接続とか、ルータの再起動などです。うまくログが Linux サーバに転送されることを確認してください。ルータによっては再起動後から Syslog の転送が有効になる場合があります。

ログのローテーション

最後に syslog のローテーションの設定をします。Red Hat Linux の流儀に従って、/etc/logrotate.d/ ディレクトリに router というファイルを作ります。

  # vi /etc/logrotate.d/router
  /var/log/router {
      weekly
      notifempty
      missingok
  }

これで、ログは一週間おきにローテーションされます。

1月24日追記

ルータが user.info の syslog を飛ばしている場合には、messages ログファイルにルータのログも記録されてしまいます。これを防ぐためには、/etc/syslog/conf の messages の部分に、user.none; を追加します。

  *.info;user.none;mail.none;authpriv.none;cron.none      /var/log/messages

この後、syslogd を再起動すれば、messages ログにはルータのログは出てこなくなります。

1件のコメント

  1. 参考になりました。
    購入して1年、 MN8300 の Syslog 機能を初めて使うことができました (^^;

    Comment by thanks. — 2005-02-15 23:15

Sorry, the comment form is closed at this time.

72 queries. HTML convert time: 1.148 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン