TAR ファイルから RPM を生成

2003-12-24 00:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

RPM ファイルが提供されていないが、TAR ファイル中に SPEC ファイルがある場合は、TAR ファイルから直接 RPM を生成することができます。SPEC ファイルの拡張子は .spec ですので、TAR アーカイブ中に存在するかどうかは次のように確認できます。

  $ tar tzf hoge.tar.gz "*.spec"

その後、rpmbuild コマンド (Red Hat 7.3 以前では rpm コマンド) に -t オプションを使うと、RPM パッケージが生成されます。

  $ rpmbuild -ta hoge.tar.gz

例:Intel Gigabit Adapter Base Driver

例として、Intel の 1000BASE-T イーサネットアダプタのドライバ RPM を作成します。Intel のサイトから、ドライバをダウンロードします。本稿執筆時点での最新バージョンは 5.2.22 です。

  $ wget ftp://aiedownload.intel.com/df-support/2897/eng/e1000-5.2.22.tar.gz

つぎに SPEC ファイルが入っていることを確かめます。

  $ tar tzf e1000-5.2.22.tar.gz "*.spec"
  e1000-5.2.22/e1000.spec

TAR ファイルから RPM ファイルを作成します。この例では i686 環境に最適化しています。root でなくても一般ユーザでも実行できます。ただし、/usr/src/redhat/ 以下のディレクトリに書き込み権限があるか確認して下さい。

  $ rpmbuild --target i686 -tb e1000-5.2.22.tar.gz

無事コンパイルが通れば、/usr/src/redhat/RPMS/i686/ ディレクトリに RPM パッケージが生成されています。

このファイルを root になってインストールします。

  # rpm -Uvh e1000-5.2.22-1.i686.rpm

必要であれば事前にパッケージに署名を行なってください。

  $ rpm --addsign e1000-5.2.22-1.i686.rpm

2003年2月14日追記

バージョン 5.2.30がでています。

2003年4月23日追記

バージョン 5.2.39がでています。

  • ブックマーク : アクセス: 7,514回
  • カテゴリー : Linux
  • キーワード : ,

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 0.827 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン