キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン / Catch Me If You Can

2005-7-18 22:46
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

この長くて分かりづらいタイトルどうにかならないんでしょうか。覚えられなくて劇場では観る機会を逸してしまいましたが、あとで観たらなかなかの名作でした。

レオナルド・ディカプリオ演じる主人公の詐欺師機具合と言ったら、『欺術』のケビン・ミトニックを思い出します。

16歳の少年が身分を詐称し、パイロットや医者などになりすますという。実話をベースにしているそうですが、いやはやすごい。

欺術

そう、この『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は現代のセキュリティの教科書ともいえる内容なのです。『欺術』とあわせて読むと、セキュリティに大切なのはファイアウォールとか IDS などの製品ではないのだと分かります。専門用語では「ソーシャルエンジニアリング」と言われる部類のものです。

2005年6月に全日空の制服が CM 撮影後に12着紛失したというニュースが大々的に報じられました。ほとんどはエキストラが「かわいいから持ち帰った」のだそうですが、
なぜ航空会社の制服紛失がそんなにニュースになるのか。制服マニアが危険という話ではありません。分からなかった人はこの映画を観てください。セキュリティの問題なのです。

ターミナル DTSスペシャル・エディション

さて、個人的にはトム・ハンクスが好きな役者なのですが、この映画でもいい存在感を出しています。とくにディカプリオを捕まえるシーンの駆け引きは最高です。

ちなみに、同じスピルバーグが監督でトム・ハンクス主演の『ターミナル』はアクションはないもののコメディタッチのいい話です。DVD ジャケットのような泣ける話じゃないですけどね。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 1.191 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン