バットマン・ビギンズ

2005-7-18 23:26
このエントリーをはてなブックマークに追加
BATMAN BEGINS THE VISUAL GUIDE [バットマン ビギンズ ビジュアルガイド]

バットマンの映画シリーズ第五弾。でも、旧シリーズをご破算にして(?)、一番最初のバットマンが誕生するストーリーを描いています。

いままでのバットマンは、マイケル・キートンか主演、ティム・バートン監督で、ダークな雰囲気の1作目・2作名(『バットマン』『バットマン リターンズ』)と、
コミカルな3作目・4作目(『バットマン フォーエバー』『バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~』)のギャップがありすぎて、賛否両論でした。というか『Mr.フリーズの逆襲』のあとはシリーズが止まってしまったので、コミカル路線は失敗だったということなのでしょう。バットマン役もころころ変わりましたからね。

で、今度の『バットマン・ビギンズ』は、監督に クリストファー・ノーラン、バットマン役にクリスチャン・ベールを持ってきました。そして、渡辺謙が悪役として出演ということで、日本でも注目を集めていました。

実際の美術は、1作目・2作目よりもダークでいい雰囲気を醸し出しています。素晴らしいです。
またゴッサムシティだけでなく、外側の世界も丁寧に撮影されており、映画世界に広がりを与えています。

バットマンビギンズ バットモービルチョロQ

バットマンもカッコイイし、脇役陣も役者揃いです。渡辺謙は序盤であっさりやられましたけど(笑) 渡辺謙目当てで観ると辛いかも知れません。本作のバットモービルはいままでと違って流線型ではないので、好みが分かれるところ。(そういえばバットモービルチョロQなんてのが出るらしいですよ。これはこれで欲しい。)

残念なのは、戦闘シーンです。はっきりいって何がどうなっているのかまったく分からない。
ただでさえ暗い画面なのに、敵やら味方やら何が写っているのかさえ理解不能。
これはカメラワークの問題でしょうか。監督の問題なのでしょうか。
アクションシーンより心の成長が主題とはいえ、魅力が損なわれてしまっています。

とはいえ、アクションシーンが無いわけではありません。
爆破シーン・炎上シーンも満載で、やり過ぎの感があるほどです。
腐敗した警察が敵側だからといって、パトカーを壊しすぎだし。
クライマックスの列車がビルの駐車場に横転しながら突っ込んで……というシーンは、JR宝塚線の脱線事故を
思い起こさせてしまい、痛々しいほどでしたが。

個人的には雰囲気の良い作品ということでお薦めです。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.196 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン