Windows 2000/XP に回復コンソールをインストール

2003-12-26 23:34
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 2000 / XP の回復コンソールを利用すると、Windows がセーフモードでも起動しない場合に、システム回復を試みることができます。とはいっても DOS のようなコンソールが提供されるだけなので上級者向けですが。

この回復コンソールはフロッピーディスクから起動できるほか、ハードディスクにインストールすることもできます。Windows 2000 または XP Pro のインストール CD を用意して、コマンドプロンプトから次のように入力します。

  Q:\i386\winnt32.exe /cmdcons

Q は CD-ROM ドライブのドライブレターですので適宜読み替えて下さい。実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。

Windows 2000 セットトップ

メッセージに従いインストールを実行します。正常に終了すると次のようなメッセージが表示されます。

Microsoft Windows 2000 Professional セットトップ

再起動すると、起動時のメニュー画面に回復コンソールが表示されるようになります。

ちなみに起動時メニューの表示時間は初期値で 30 秒になっていますが、変更可能です。「コントロールパネル」の「システム」から「詳細タブ」を選び、「起動/回復」ボタンを押します。

このダイアログボックスで、起動時メニューの表示時間が指定できます。なお、プレインストール版の場合はできないこともあります。Windows XP Home では確認していませんが、パッケージ版であれば設定可能だと思います。

  • ブックマーク : アクセス: 22,806回
  • カテゴリー : Windows
  • キーワード :

1件のコメント

  1. c:\boot.iniを開いてセミコロン(;)を行頭に付けても、
    Windowsの起動時に起動メニューが表示されてしまいます。
    普段、回復コンソールは使わないので、
    起動メニューを非表示にするには、
    「オペレーティングシステムの一覧を表示する」の時間を「0」にすればいいのでしょうか?
    他にいい方法はありませんか?

    コメント by Fujisan — 2005-05-20 11:19

Sorry, the comment form is closed at this time.

73 queries. HTML convert time: 1.122 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン