PHP Startup: Invalid library (maybe not a PHP library) の警告

2008-9-19 11:04
このエントリーをはてなブックマークに追加

PHP が動いているあるサーバで、コマンドラインから php コマンドを利用したら、

PHP Startup: Invalid library (maybe not a PHP library) 'libpq.so' 

のようなエラー(警告)が表示されました。

PHP 自体は動いているし、関係する RPM もすべてインストールされているのでおかしいなと思いつつ、whereis で調べてみると、php が複数インストールされている様子。

# whereis php
php: /usr/bin/php /etc/php.ini /etc/php.d /usr/local/bin/php /usr/local/lib/php.ini /usr/local/lib/php /usr/local/php5.dummy /usr/share/man/man1/php.1.gz

RPM ベースで管理するサーバなのに、誰かが勝手に PHP をソースからコンパイルしてインストールした模様。orz
しかもよくよく調べると PostgreSQL まで同じように rPM とソースがビルドしたものが混在している状態orz。インストールマニュアルまで作っているのに、どうしてソースからビルドするのでしょうか。何とかの一つ覚えなのか、ネットの古い情報を鵜呑みにしているのか……。

結局、冒頭のエラーは、/usr/bin/php -f のようにしてフルパスで指定して凌いでいますが、このサーバは近いうちにクリーンインストールが必要そうです。

  • ブックマーク : アクセス: 11,199回
  • カテゴリー : Linux,PHP
  • キーワード : ,

1件のコメント

  1. きょう津田ふみかと、エラーとか混在したかったみたい。
    それでジョバンニのソースとか利用したかもー。

    コメント by BlogPetのusausa2008-09-20 13:34

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 0.847 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン