Acer が Gateway を買収。さらに PackerdBell も。Lenovo を抜き3位へ。

2007-8-28 21:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
Acer が Gateway を買収

CNET Japan の記事から。台湾の PC メーカー Acer (エイサー)が、米 Gateway(ゲートウェイ)を7億1000万ドルで買収すると発表がありました。

台湾のPCメーカーAcerは米国時間8月27日、カリフォルニア州アーバインに本社があるGatewayを7億1000万ドル(1株あたり1.90ドル)で買収すると発表した。(中略)Acerは2007年に入ってから、PCメーカーを買収し、世界第3位のLenovoからその座を奪いたい意向を明らかにしていた。(中略)両社のPCの合計出荷台数は世界シェアの8.1%に相当する1860万台になるという。AcerはLenovoを抜いて、Hewlet-Packard、Dellに次ぐ業界第3位のメーカーになる。

Gateway はかつて日本市場から撤退しましたが、eMachines 買収後に再参入しています。かつては撤退されたために PC の修理だけでも大変な時間がかかり非常に迷惑を被りました。

また、Gateway は優先交渉権を利用して、Packard Bell も買収するとのこと。Packard Bell はかつて NEC が子会社化していましたが、2006 年にeMachines 創業者に事業を譲渡し、NEC は欧州の個人向け PC から撤退しています。最近では Lenovo が買収を検討していると報じられていました。Gateway による買収が決まれば、Lenovo には更に打撃になりそうです。

統合後の社名やブランド名がどうなるのか気になりますが、

Acerは、米国内ではGatewayブランドを存続する計画だと述べる。これは、HPがCompaqで行ったのと同様、Acerの2大ブランド戦略の展開に一役買うことになるだろう。

Acer は周辺機器を子会社の BenQ ブランドで、PC パーツを AOpen ブランドで販売しています。eMachines はともかく、Gateway のブランドは強力なので、Acer にとって代わるかもしれません。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.170 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン