セキュリティホールを修正した Clam AntiVirus 0.86.2 リリース

2005-7-26 12:44
このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースのアンチウィルスソフト Clam AntiVirus の 0.86.1 以前に複数の欠陥があり、 TNEF、CHM、FSG ファイルを検査する際にオーバーフローが発生し、任意のコードが実行される可能性があります 0.86.2 で修正されているので、使っている人はぐに入れ替えましょう。

ただし、私が試した環境 では、0.86.1 から 0.86.2 したあと、clamav-milter で次のようなエラーが発生してデーモンが起動できませんでした。

  Starting clamav-milter: /usr/sbin/clamav-milter: --timeout must not be given if
--external is not given

直訳すると「–extarnal オプションを指定していないときは –timeout オプションを指定してはならない」ということのようです。通常、これらのパラメータは /etc/sysconfig/clamav-milter に記述します。私の場合はどちらのオプションも指定していなかったのですが、--timeout=0 をつけないと起動できませんでした。

いつものとおり、私製の RPM を作りましたので置いておきますが、先に述べた点に注意してください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

67 queries. HTML convert time: 1.124 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン