三井住友、大和証券の距離がさらに接近

2005-3-24 07:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友、大和証券系投資会社に4割出資へだそうです。

三井住友フィナンシャルグループは年内をメドに、大和証券グループの投資会社である大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツに4割出資する検討に入った。企業再生支援などを手がける投資ビジネスは急拡大が続いており、両金融グループはこの分野での戦略的な連携を鮮明にする。三井住友と大和はすでに、傘下のベンチャーキャピタル会社の統合で合意済み。今回の出資により、持ち株会社同士の統合に向けた協議も前進する見通しだ。

先月、「三井住友と大和証券が持ち株会社統合へ」というニュースがありましたが、それに続いて三井住友と大和証券の関係がより緊密化していきますね。統合は時間の問題でしょう。

一方で、大和証券グループと大和証券SMBCは、住友信託と代理店契約を締結しています。住友信託と三井住友は仲が良くないのですが、面白い動きです。

1件のコメント

  1. これは大和證券の経営が傾きかけていることの証拠ではないか。大和はネット化にも出遅れ、もはやジリ貧である。今頃、ネット取引を始めたようだが、3年は遅れている。

    Comment by 大和の昔の客2005-08-22 20:31

Sorry, the comment form is closed at this time.

72 queries. HTML convert time: 1.563 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン