au の Android スマートフォン IS03 はシャープ製? 3Dカメラと3D液晶搭載?

2010-8-5 22:42
このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDI がスマートフォンに参入して IS01, IS02 の二機種を発売しました。これは2台目としての利用を意図したもので、iPhone や Xperia のように1台目として使えるものではありませんでした。

しかし、3月30日の発表会(ケータイ Watchkの記事)で、Android端末の第二弾が予告されていました。

KDDI が発表した Android 端末第二弾

この画像を見ると iPhone のようなタッチパネルを持ち、ワンセグや Felica に対応する予定であることがわかります。もちろんコンセプトデザインなので、大きく変わった形になるのではないかといわれていました。

この新機種の提供メーカーについてはシャープという説やソニーエリクソン、京セラなど様々な候補が挙がっていました。

ところが、The Official Bluetooth SIG Member Website で公表されたシャープの新機種 AS31 の画像が、iPhone に似ており、au の次期スマートフォンではないかとウワサされています。

シャープ製AS31の外観

たしかに形は似ていますし、Android の記述もあります。CDMA と書かれていますので au 向けなのは間違いないでしょう。

さて、それとは別に世界初の3D携帯電話、年内に発売 シャープ というニュースが入ってきました。

――テレビや携帯電話で日本メーカーは海外勢に苦戦を強いられています。

「裸眼で見られる3D液晶などの技術は米アップルや韓国サムスン電子にはないシャープの強みだ。3Dカメラや3D液晶を詰め込んだスマートフォンを世界で売り出し、3Dテレビとつながるようにすれば相乗効果も期待できる。携帯が独自に高機能化した日本は『ガラパゴス』と馬鹿にされてきたが、3D時代には、それが武器になる」

シャープはすでに3Dカメラと3D液晶を開発済みです。ケータイ Watch の記事によると、携帯機器向けのタッチパネル式3D液晶は3.4型、480×854ドットということで、タッチパネルは静電容量式マルチタッチ、3Dはメガネ不要の視差バリア方式という高スペックなものです。

3D カメラにマルチタッチの3D液晶の Android 搭載スマートフォンが出せれば、au はとりあえず iPhone と Xperia にようやく渡り合えるようになるでしょう。

8月6日追記

KDDI の2011年3月期第1四半期決算 質疑応答によれば、この秋以降にスマートフォンを2~3機種を投入するそうです。

(Q)スマートフォンは今期中に2~3機種発売するとの事だが、来期以降はどの程度まで増やしていくのか? CDMA2000対応のGalaxy S やXperiaの投入は難しいのか?

(A)今期のスマートフォンは、すでに発売済のIS01/IS02に加え、秋以降に2~3機種投入する事はほぼ決定している。来期に関しては、スマートフォンと通常ケータイで半々の機種数のイメージをしているものの、現段階ではまだ具体的な発売機種数や厳密な割合についてお答えする事は難しい。この秋にはFeliCa、ワンセグ、赤外線機能などの日本仕様を搭載したスマートフォンを投入し、多くのお客さまにご利用いただきたいと考えている。その一方で、来期以降については、海外メーカーのスマートフォン導入についても検討を進めなければならないと考えている。なお、CDMA2000に対するAndroidのサポートが遅れていたのは事実だが、ソフト面の遅れはすでにリカバーできているので、今後は純粋に日本の周波数に適合させるというようなレベルの内容で端末サポートは可能となっていく。

海外メーカーは来期以降ということは、今期に出るスマートフォン2~3機種は国産メーカーと言うことになりますね。シャープ以外にどこが投入してくるのか気になります。

9月17日追記

シャープの 3D スマートフォンは年末に発売に

なるそうです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

23 queries. HTML convert time: 0.417 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2013 @ futuremix.org ログイン