Linux の RAID から mdadm でディスクパーティションを削除

2009-5-14 22:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスク障害での交換などの際に、Linux の RAID でディスクパーティションを強制的に外す方法です。ソフトウェア RAID1 の環境で試しました。

まず、RAID の状態を確認します。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md1 : active raid1 hdb2[1] hda2[0]
      522048 blocks [2/2] [UU]
md0 : active raid1 hdb1[1] hda1[2](F)
      104320 blocks [2/1] [_U]
unused devices: <none>

ここでは、/dev/md0 の RAID を構成する /dev/hda1 が fail の状態になっています。削除するには mdadm コマンドに --manage RAID名 --remove パーティション名 で削除できます。

# mdadm --manage /dev/md0 --remove /dev/hda1
mdadm: hot removed /dev/hda1

ただし、fail になっていないディスクパーティションに対して実施すると失敗します。

# mdadm --manage /dev/md1 --remove /dev/hda2
mdadm: hot remove failed for /dev/hda2: Device or resource busy

このような場合は、--fail オプションで、手動で /dev/hda2 を fail 状態にしてから、remove します。

# mdadm --manage /dev/md1 --fail /dev/hda2
mdadm: set /dev/hda2 faulty in /dev/md1
# mdadm --manage /dev/md1 --remove /dev/hda2
mdadm: hot removed /dev/hda2

RAID の状態を再度確認してみましょう。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md1 : active raid1 hdb3[1]
      522048 blocks [2/1] [_U]
md0 : active raid1 hdb1[1]
      104320 blocks [2/1] [_U]

RAID の一つを構成する要素が無くなりました。

  • ブックマーク : アクセス: 20,554回
  • カテゴリー : Linux
  • キーワード : , ,

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.406 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン