phpGroupWare の RPM を作成

2007-6-26 19:09
このエントリーをはてなブックマークに追加

phpGroupWare は、PHP で書かれたオープンソースのグループウェアですこれを CentOS 4.5 に導入した際のメモです。

まず手始めに RPM を作成します。SourceForge.net: phpGroupWare から最新の tar.bz2 ファイルをダウンロードし、/usr/src/redhat/SOURCES/ ディレクトリに置きます。

# cd /usr/src/redhat/SOURCES/
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/phpgroupware/phpgroupware-0.9.16.011.tar.bz2

phpgroupware-rh-all-ap.spec ファイルを取り出して、/usr/src/redhat/SPECS/ ディレクトリに置き、所有者を変更します。

# tar xjvf phpgroupware-0.9.16.011.tar.bz2 'phpgroupware/doc/rpm-build/phpgroupware-rh-allapp.spec'
# mv phpgroupware/doc/rpm-build/phpgroupware-rh-allapp.spec ../SPECS/
# chown root:root phpgroupware-rh-allapp.spec

phpgroupware-rh-all-ap.spec ファイルを変更します。

%define version 0.9.16.011
……
#%{prefix}/%{phpgwdirname}/property ←コメントアウト
……
%{prefix}/%{phpgwdirname}/"phpGroupWare - 0.9.16.kpf"
%{prefix}/%{phpgwdirname}/README.NOW-IMPORTANT
……

RPM をビルドします。

$rpmbuild -ba phpgroupware-rh-allapp.spec

noarch の PRM ができるのでインストールします。

#rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/noarch/phpGroupWare-all-apps-0.9.16.011-1.noarch.rpm

ファイルは /var/www/html/phpgroupware にインストールされます。続いてインストール後の設定です。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 1.121 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン