DNS の SOA (TTLなど)を確認する方法

2007-6-29 12:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

  あるドメインの DNS サーバの TTL や Expire, Retry などの SOA を確認する方法です。

  $ dig example.net SOA

……
;; ANSWER SECTION:
example.net.            86400   IN      SOA
  example.net root.example.net. 2007012301 3600 600 1209600 86400
……

ここでは最初の 86400 が TTL。最後の数字が並んでいる部分は順に、シリアル、refresh, retry, expire, minimum。参考までに意味を記しておくと、

TTL
問い合わせ結果のキャッシュ有効期間
シリアル
ゾーン情報が更新したときに大きな数値になる。というか変更する。これで DNS の情報が新しくなったことを判断する。
refresh
セカンダリサーバが更新を問い合わせる間隔。
retry
セカンダリサーバがrefresh に失敗したときの再試行までの期間。refresh より必ず短くすること。
expire
セカンダリサーバがrefresh に失敗しつづけた場合の、現在のデータの破棄されるまでの期間。
minimum
ネガティブキャッシュの生存期間。他のネームサーバにおいて、ドメインが引けなかった場合に存在しなかったいう情報をキャッシュしておく期間。
  • ブックマーク : アクセス: 56,107回
  • カテゴリー : Linux
  • キーワード : ,

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

67 queries. HTML convert time: 1.968 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン