厚生労働省の医師等資格確認検索システムの使いにくい点

2007-4-10 09:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

日経メディカル オンラインから。厚生労働省が医師等資格確認検索というシステムを4月1日から開始しています。医師と歯科医師の免許の有無や、行政処分の状況などを検索できるサービスです。これで医師名を検索すればよいということらしいです。

医療等資格確認検索画面

しかし氏名は完全医一致検索でなければなりません。姓だけの検索やフリガナからの検索はできません。まあこれはよしとしましょう。

使い物にならないと感じるのは、該当する医師名で同姓同名があったときでも、登録年しか判断材料が表示されないので、どのデータが該当するのかをわかりません。また、すでに死亡した医師や結婚で姓が変わった医師が旧姓のまま登録されており、新しい姓では該当しないというケースも報告されています。これでは検索してデータがないから無資格者とは言えませんし、検索結果があっても同姓同名かもしれないのです。

データベースが正しく現状を反映していないことと、得られる検索結果では、利用者が求めている情報の一部しか得られないのは、問題だと思います。医療と行政のシステムはもっと頑張らなければなりません。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.149 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン