Fedora Legacy Watch : PHPのアップデートリリース、ただし RH9はパッケージングミス

2005-12-1 16:24
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は以前 “Fedora Lagacy Watch” で公開していたものです。古い内容ですのでご注意下さい。

PHP のアップデートがリリースされました。CVE-2005-2498, CVE-2005-3353, CVE-2005-3388, CVE-2005-3389, CVE-2005-3390 のセキュリティホールが修正されています。

しかし、Red Hat 9 用のパッケージは SPEC ファイルにミスがあり、なんとパッチがコメントアウトされていて適用されていないというミスが発覚しました。

Red Hat 9 用には再度パッケージがリリースされる予定です。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.216 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン