水野良『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』

2005-4-14 22:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

まさに夢の競演と言っても良いだろう──一部の人にとっては。

魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士

魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』は、水野良の『魔法戦士リウイ』と『ロードス島戦記』の主役たちが相まみえるという、聞いただけで胸がわくわくするような本です。

水野良が創作した『ロードス島戦記』『ソードワールド』の世界は、世界観を一つとしてつながっています。主にアレクラスト大陸を舞台にしたソードワールドと、その南に浮かぶ「呪われた島」ロードス。いままでは登場人物の交流はほとんどありませんでした。『ロードス島戦記』のマールがアレクラスト大陸から渡ってきたグラスランナーであるということと、傭兵王カシューくらいでしょう。

しかしこの作品では両シリーズのヒーローが肩を並べて競い合います。しかも十数年前からの伏線が、ようやく日の目を見ました。この本は『ロードス島戦記』シリーズのみならず、『ソードワールド』『魔法戦士リウイ』そして『アイテム・コレクション』の愛読者なら絶対に外してはならない作品でしょう。っていうか間違いなく「買い」です!!

もちろん小説の内容も水野良らしい、読み応えのある冒険譚が綴られていますが、こちはネタバレさせないためにも伏せておきますが、私も初期ソードワールドや『アイテム・コレクション』時代からの読者なので、それはもう楽しく読めました。1巻と言わず、これだけで数冊書いて欲しかったネタですね。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 1.260 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン