GMOがJWordサービスを買収

2004-8-25 15:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近インターネットの各種サービスを相次いで買収している GMO ですが、今度は日本語インターネットキーワードの JWord を買収したそうです。「クマガイコム | 決算説明会・JWORDが仲間に!」から。JWord は既に GMO グループのように思っていたのですが、今までは違ったのですね。

GMO の発表によると、

株式会社アクセスポートがサービス展開する「JWord」について、プラグインの無料配布を進め、国内における「JWord」プラグインのインストールシェアをインターネットユーザーの74%以上を目指し、アドレスバーから検索する習慣を日本で定着を図り、よりユーザーに使い易い検索サービスの提供を進めてまいります。

とあります。74%のインストールシェアを目指すというのは、すごい目標ですね。これが実現できれば、日本語キーワードと、ドメインの販売で、GMO はインターネット商標ビジネスとしては大きなシェアを握ることになります。

JWord は、様々なパッケージソフトや、mypop壁紙.com の壁NaviBIGLOBE ツールバーなどの無料配布ソフトにもバンドルされていますので、知らないうちにインストールされているパソコンもあると思います。

とはいえ JWord は Windows でしか動きませんから、Mac や PDA にはインストールできませんし、業務用の PC に紛れ込ませることも難しいでしょうから、その目標が達成するのは難しいように思えます。私の職場でも Windows 98 の端末などには、いつの間にかインストールされてしまっていることがよくありましたが、Windows 2000 で管理者権限では利用させないようにしてからは、勝手にインストールされることはなくなりました。私はそもそも Internet Explorer を使わないので利用していません。

JWord は、スパイウェア検出ソフトで、一部のファイルがスパイウェアやブラウザハイジャッカーとして検出されることがあります。これはキーワードをサーバに送信することと、最新版をチェックして自動的にインストールする機能のためだと思います。JWord の技術情報によると、

JWordプラグインはスパイウェアでもブラウザハイジャッカーでも御座いません。またスパイウェアが含まれているようなことも御座いません。

とのことですが、人によってどう捉えるかは微妙なところですね。私にとっては、いつの間にか勝手にインストールされていることが気持ち悪いのですが、同じような気分になる人もいるのではないでしょうか。

なんか、JWord プラグインの話になってしまいましたが、JWord を配布しているのはアクセスポートという会社で、この会社は中国の 3721.com の系列会社です。3721.com は、昨年 Yahoo! に買収されましたが、一時期は Yahoo China との統合がうまく進んでいないと言われていました。その子会社に GMO が出資したのですから、Yahoo との関係がこじれるのではないかという気もします。

ちなみに 3721.com の配布する中国語検索プラグイン (つまり JWord の本家中国版) が、競合する百度の「IE捜索伴侶」というプラグイン(すごい名前だ)のインストールを妨害したとして訴訟になり、3721 側が敗訴しています。JWord プラグインもこのようなことにならなければ良いと、ちょっと心配してしまいますが……。

1件のコメント

  1. JWord のアクセスポートに Yahoo が出資

    CNET Japan の記事から。日本語キーワードサービス JWord を提供する GMO グループ会社のアクセスポートに、ヤフーが出資するそうです。そして JWord が Yahoo! JAPAN で利用可能になるそうです。JWord はちゃくちゃと勢力を拡大していますね。 GMO と Y! の提携は意外な…

    トラックバック by 津田ふみかの日記2004-12-21 22:53

Sorry, the comment form is closed at this time.

72 queries. HTML convert time: 1.642 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン