力不足と役不足

2003-2-20 22:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼や指示を断わるとき、また、やってはみたけれども出来なかったとき、「力不足で申し訳ありません」と言うことがあります。私の力では出来ませんという意味です。

ところが、たまに「役不足で申し訳ありません」という人がいます。これは断わる側から使ったら、大変失礼な言葉になってしまいます。

というのも、「私には役不足です」とは、 「私にはその役目は不足である(ので満足できない)」という意味だからです。

「役不足」は頼む側が「あなたには役不足で申し訳ありませんが……」のように使う言葉です。

「力不足」と「役不足」、くれぐれも言い間違えないように注意しましょう。とはいうものの語感も似ていて混同しやすいので、うっかり間違えてしまうかもしれません。
「お役に立てず申し訳ありません」という表現が口を出るように練習しておくとよいと思います。

1件のコメント

  1. 役不足

    #トラックバックのテストを兼ねてみたり。
     何週か前のフジテレビ系「トリビアの泉」で「”役不足”は誉め言葉」というトリビアが紹介されて、多分番組始まって以来ではないかとい…

    トラックバック by やわらかな季節2004-07-4 21:35

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

70 queries. HTML convert time: 1.623 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン