ソニー α77 / α65 / NEX-7 / NEX-5N など発表

2011-8-24 14:42
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーから待望の一眼レフカメラの中級機 α 77 / α 65 と、ミラーレス一眼の NEX-5N が発表されました。

ソニー α77 16-50mm/F2.8 正面

α77 は 2430万画素の APS-C CMOS センサー “Exmor” を採用。ISO感度は 100-16000 (拡張 50、マルチショットNRで ISO25600)に対応。ISO AUTO の上限は12800まで変更可能です。

トランスルーセント・テクノロジー採用で、AFしながら 12コマ/秒という一眼レフではプロ機を凌ぐ高速連写を実現。シャッタースピードは最高 1/8000秒。

ファインダーは235万画素の有機 EL を採用した EVF。92万画素、3インチの液晶は可動式で、α 550 などのチルト方式と α55 のバリアングルを組み合わせたような新方式の3軸チルト液晶モニター機構を採用し、縦位置グリップや三脚使用時でも自由に角度調整ができます。重量は732g。

動画撮影は AVCHD ver2.0 に対応しフルハイビジョン(1920×1080/60p,60i,24p)動画撮影機能を搭載しています。

ソニー α65

α65 は α77 と同じく 2430 万画素の CMOS センサーを採用。ISO 100~16000 も同じながら拡張感度 50 は使えなくなっています。ISO AUTO の上限は 1600で、設定変更はできません。

また、連写性能は 10コマ/秒、シャッタースピードは最高 1/4000秒に押さえられています。

α77 に比べるとボディがマグネシウム外装ではなくプラスチックになっているほか、上面液晶が省力されています。重量はα65の方が軽く 622g となっています。

NEX-5N Black

Eマウントの NEX-5N は NEX-5 の後継機で、センサーは 1600万画素にアップ。液晶モニタがタッチパネル対応になりましたるまたオプションの外付けビューファインダーに対応するほか、10月発売予定の55-200mm レンズを同梱したWレンズキットの発売も予定されています。

NEX-7

そして待望の NEX 中級機 NEX-7 が11月登場予定とアナウンス。2430万画素の CMOS センサー搭載。α77 と同様の XGA OLED 内蔵電子ビューファインダーを採用。

マグネシウム外装に3つの金属削りだしボタンなどの高級感のあるデザイン。連写コマ数も コマ/秒と性能的にも高いスペックとなっています。これまで NEX に手を出さなかった層の人も手を出してしまいそうですね。

さらに、E マウントレンズを装着できる動画機 NEX-VG20 や、Aマウント・Eマウントのレンズアダプター内にトランスルーセントミラーを付け位相差 AF を可能にした など、新製品だらけでαユーザーにとっては待ちに待った発表となりました。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.165 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン