Eclipse 内で CakePHP の bake コマンドを実行する

2010-11-2 00:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

CakePHP の特長として bake コマンドによるモデル・コントローラー・ビューのファイルを自動生成する機能があります。

bake 機能は似たような一覧、詳細、追加、修正、削除(index, view, add, edit, delete, view) といった画面を作る手間を軽減してくれます。この点で開発効率が高くなります。

残念ながら bake コマンドはコマンドラインから実行しなければなりません。Windows の場合はコマンドプロンプトからの実行となりますが、Eclipse のコンソール上で実行することもできます。

Eclipseでbakeを焼きたい貴方に – はまろぐを参考に外部ツールに登録してみます。

[実行] – [外部ツール] – [外部ツールの構成] を選びます。

Eclipse の外部ツールの登録画面

「プログラム」を右クリックして「新規」を選択します。

  Eclipse の外部ツールの登録画面で入力

CakePHP のプロジェクトごとに作成します。プロジェクト名 hogeの場合、名前、ロケーション、作業ディレクトリ、引数を次のように入力します。(はまろぐさんの記事通りです)

名前: bake - hoge
ロケーション: ${workspace_loc:/hoge/cake/console/cake.bat}
作業ディレクトリ: ${workspace_loc:/hoge/app}
引数 : bake

「適用」を押してダイアログボックスを閉じて、メニューの[実行]-[外部ツール]から [bake – hoge] を選んで実行します。コンソールウィンドウが現われて bakeコマ

  • ブックマーク : アクセス: 11,242回
  • カテゴリー : PHP
  • キーワード : ,

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.080 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン