XAMPP Lite でローカルの CakePHP の開発環境を構築する

2010-7-24 17:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまさら聞けない、Windows PC 上に XAMPP による開発環境を整える手順のまとめです。といってもよくある XAMPP ではなく XAMPP Lite で必要最小限のセットアップをしてみました。CakePHP の開発環境を作ってみます。

XAMPP とは

Windows PC のローカル環境で CakePHP によるシステム構築をするため、Apache, PHP, MySQL、phpMyAdmin をセットアップする手順です。

それぞれの Windows 版を個別に入手・インストールしても構いませんが、XAMPP for Windows を使ったほうが簡単ですので
XAMPP を使ってインストールします。

XAMPP は Apache、MySQL、PHP といったウェブアプリケーション開発に必要なソフトウェアをひとまとめにローカル環境に構築できる便利なオール・イン・ワン・パッケージです。追加で Perl, Tomcat などもインストールできます。

ただし XAMPP は実運用のためのセキュリティ設定はなされませんし、パッケージに最新版が含まれているとは限りませんので、本番運用環境には適していません。通常は開発や学習・動作検証に使用します。

Lite 版のダウンロード

XAMPP の最新版は FileZilla FTP Server や Mercury Mail Transport System、Webalizer、SQLite なども含まれており肥大化している感もあります。そで、ここでは軽量パッケージ版である XAMPP Lite を利用します。ダウンロード・ファイルサイズも半分ほどですみます。

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlにアクセスしてXAMPP Lite の EXE 版をダウンロードします。本稿執筆時点の最新版は 1.7.3 です。

インストール

ダウンロードしたxampplite-win32-1.7.3.exe を起動してインストールを行ないます。

XAMPP Lite のインストーラ

インストール中にコマンドプロンプトが出て設定を尋ねられます。基本的にはデフォルトの設定のまま Enter を押して進めていきます。

XAMPP のインストール中にコマンドプロントが表示される

Should I add shortcuts to the startmenu/desktop? (y/n): y

スタートメニューとデスクトップにショートカットアイコンを作るかどうか。y は「はい」です。


 Should I locate the XAMPP paths correctly?
 Should I proceed? (y/x=exit setup): y

XAMPP のパスは正しいですか? ここは y=「はい」を選択。
X を押すとセットアップは中止されます。


 Should I make a portable XAMPP without drive letters?
 NOTE: - You should use drive letters, if you want use services.
       - With USB sticks you must not use drive letters.
 Your choice? (y/n): n

USB メモリなどにインストールして移動可能にするには「y」を押しますが、通常は「n:いいえ」を選択。


 I have set the timezone in 'php.ini' and 'my.ini' to "Asia/Tokyo".
 You should correct these values if my guess was wrong.
 Press  to continue: 

PHP のタイムゾーン設定を “Asia/Tokyo” にするかどうか。そのまま Enter を押します。


 1. start XAMPP Control Panel
 2. relocate XAMPP
    (current path: C:\xampplite)
 3. disable HTTPS (SSL)
 4. disable Server Side Includes (SSI)
 5. enable IPv4 only (current: IPv4/6 (auto))
 x  Exit

ここで XAMPP パスの変更などができますが、とりあえず 1 を押してコントロールパネルを起動します。x を押してコマンドプロンプトを終了します。

XAMPP のコントロールパネル

コントロールパネルでは Apache と MySQL のみが選択できるようになっています。FileZilla (FTP) や Mercury, Tomcat はインストールされていませんので項目は使用できない状態です。

ここで “Start” を押すと Apache と MySQL が起動します。起動させたらブラウザで http://localhost/ にアクセスします。XAMPP のログマークが出ればすくなくとも Apache は正常に動いています。

XAMPP インストール後のスタート画面

うまくいかない場合は、Skype などポート80を使用するアプリと競合している可能性があります。Skype が起動していれば終了させてください。

画面の「日本語」を選べば次のような画面が出ます。phpMyAdmin のリンクを開いて、エラーが出なければ MySQL も動作しています。

XAMPP の日本語メニュー

自動起動の設定

毎回コントロールパネルから Apache や MySQL を起動するのは面倒だという人はWindows のサービスとしてインストールすることで自動起動させることができます。

XAMPP で Windows のサービスをインストール

コントロールパネルの「Svc」の項目をチェックしてください。サービスとしてインストールされます。右の「SCM」ボタンを押すと、Windows サービスの設定画面が立ちあがりますので、ここで自動起動の設定ができます。

ただし自動起動してバックグラウンドで動かすと、その分 PC の動作が遅くなりますので、開発用のサーバなどでない場合は設定しない方が無難でしょう。

Apache の設定

CakePHP は Apache の mod_rewrite が有効になっている必要があります。C:\xampplite\apache\conf\httpd.conf で以下の行が有効か確認してください。

LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

CakePHP をインストールするフォルダは .htaccess が使える必要があります。通常、C:/xampplite/htdocs の下は.htaccess が有効になっています。これ以外のフォルダにソースを置く場合は設定を追加しましょう。

phpMyAdmin の動作確認と設定

ます、CakePHP で利用するデータベースを作成する必要があります。コントロールパネルから Apache と MySQL を起動し、http://localhost/phpmyadmin/ にアクセスします。

phpMyAdmin でデータベースを作成する

正常に動作していればこのような画面になります。ここで CakePHP 用にデータベースを作成します。ここではデータベース名を cake、照合順序は “utf8_unicode_ci” とします。

CakePHP のダウンロード

http://github.com/cakephp/cakephp1x/downloads よりダウンロードします。最新版は 1.3.0 ですが、ここでは安定版として実績のある 1.2.7 系列をダウンロードしました。

zip ファイルを解凍して、C:\xampplite\htdocs\cakephp にファイルを展開します。ブラウザで http://localhost/cakephp/ にアクセスします。

CakePHP インストール後の画面 黄色い部分が警告

黄色い部分は設定が不充分で警告が出ています。まず、app\config\core.php の中の Security.salt の値を変更する必要があります。

また、app\config\database.php.default を database.php にリネームしてデータベースの設定を書き換えます。

	var $default = array(
		'driver' => 'mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'root',
		'password' => '',
		'database' => 'cake',
		'prefix' => '',
	);

ユーザ名は root、パスワードは空白、database を phpMyAdmin 作成したデータベース名に変更します。画面の警告が消えて緑色になればOKです。

CakePHP で設定が終了したところ

XAMPP のセキュリティの設定

さて、本番環境では MySQL や phpMyAdmin への root ユーザのパスワードなしのアクセスは大変危険です。また、インストール後は phpMyAdmin などもローカルネットワークからアクセスできる状態になっています。

開発環境でも公衆無線 LAN 環境などで使用する場合はアクセスされる危険性があります。http://localhost/security/ からセキュリティ上要注意の項目が確認できますので、かならず変更しておきましょう。

XAMPP のセキュリティを確認する

この画面で「要注意」の項目はセキュリティ上見直しが必要になります。このページから MySQL の root パスワードの設定や、管理画面へのアクセス制限設定が可能になります。ぜひ設定しておきましょう。設定が済めば、以下のような画面になります。

XAMPP でセキュリティの設定を行なった後

これでローカルで XAMPP を動かし、CakePHP をいれるところまできました。次は Eclipse を用いて CakePHP の開発ができるようにします。(つづく)

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.277 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン