NOD32 のアンインストールに失敗した場合の対処方法

2010-10-23 11:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

NOD32 の体験版をインストールしていた Windows 7 PC で、体験版のアンインストールをしたところ、うまく消えずにトラブりましたのでそのときの対処法をメモ。

アンインストールのプロセスが途中で応答が無くなり1時間ほど待っても進まなかったので強制終了。しかしアンインストールを再実行することはできず、PCを再起動してもタスクトレイのアイコンは残っていました。(ソフト本体は削除されている様子)

そこで「以前の状態に復元する」機能を実施し、その状態で再度アンインストールを試みたところ今度はアンインストールは最後まですすみました。ところが、再起動してから他のアンチウィルスソフトをインストールしようとすると、Nod32 が入っているのでアンインストールできないとエラーメッセージが出ます。

そこで、ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルスのアンインストールツール を試してみました。

ダウンロードした zip ファイルを解凍しておきます。

ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルスのアンインストールツール

PC を再起動し、起動ロゴ表示中に F8 を押してセーフモードにして起動します。セーフモードで ESET_ForceUninstall.bat を実行するだけです。

これで再起動すると、他のアンチウィルスソフトをインストールしてもエラーは出ませんでした。

ESET NOD32 は軽いソフトでなかなか優秀でおすすめなのですが、こういった現象は初めてでした。始めからアンインストールツールがあることを知っていれば「以前の状態に復元」は必要なかったかもしれません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

67 queries. HTML convert time: 1.246 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン