Oracle で SQL 文の実行時間を測定する

2009-8-28 07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

Oracle の SQL*Plus 上でSQL の実行にかかった時間を測定する方法です。

SQL> set timing on 

これで SQL を実行すれば、最後に経過時間が表示されます。

SQL> select table_name from user_tables; //計測したいSQL
~(略)~
135行が選択されました

経過: 00:00:03.06

ただし、ここでの経過時間は結果の表示時間も含んでますので、実際の実行時間だけを求めたい場合は、事前に set autotrace traceonly statistics として、結果の表示を抑制した方がよいでしょう。このコマンドは set autotrace trace stat と略せますので、まとめると次のようになります。

SQL> set timing on 
SQL> set autotrace trace stat
SQL> select table_name from user_tables; //計測したいSQL
135行が選択されました

経過: 00:00:03.06
統計 ~(略)~

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.136 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン