Webブラウザ + Java アプレットで VNC サーバにアクセスする

2009-1-28 07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

RealVNCUltraVNC などの VNC クライアントソフトが無くても、実は Web ブラウザを VNC クライアントとして使うこともできます。

URL は、通常 http://(サーバ名):58xx/ のようになります。ポート番号の xx の部分は VNC サーバを起動したときのディスプレイ番号なので、:1 のときはポート 5801 になります。VNC サーバが起動してるのにアクセスできないときは、ディスプレイ番号と対応したポートにつないでいるか、またファイアウォールでポートが許可されているかを確認してください。

ブラウザから VNC サーバにアクセスする

Web ブラウザといっても、VNC クライアントは、Javaアプレットとして動作します。JRE が必須で、事前にブラウザのプラグインとして JRE が動作するように設定しておく必要があります。それさえあれば専用の VNC クライアント(ビューア)がなくても利用できるのがメリットです。

Java アプレットで VNC サーバにアクセスしたところ

最大の欠点は非常に重いことです。描画も結構乱れます。専用 VNC クライアントが無いときの非常用と割り切って使いましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

23 queries. HTML convert time: 0.266 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2013 @ futuremix.org ログイン