Netpbm の pamedge (ppmedge)

2005-12-17 12:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像変換や画像処理のライブラリ Netpbm で輪郭線強調処理をする場合、pamedge コマンドを使います。以前は ppmedge というコマンドでモノトーン画像しか扱えませんでしたが、10.14 以降は pamedge に変更されカラー画像のまま輪郭線強調処理ができるようになっています。

ところで Red Hat Enterprise Linux 3 で、最新開発版の 10.30 を入れて使ってみたところ pamedge は真っ黒な画像を返してしまいました。Fedora Core の
開発版から取ってきたせいかもしれませんが、バグっぽいです。

RHEL4 用の 10.25 の SRPM を持ってきて RHEL3 用にパッケージをリビルドしたところ、うまく行きました。また Red Hat Linux 9 でも動作確認しました。以下、サンプルを示します。

サンプル

元の画像 (from プリウス 写真集 – About Prius)

元画像

元画像をカラーのまま輪郭線強調処理する。

  jpegtopnm sample1.jpg | pamedge | ppmtojpeg > sample2.jpg
輪郭線強調処理(カラー)

元画像をモノトーンにして(ppmtopgm)から輪郭線強調処理する。

  jpegtopnm sample1.jpg | ppmtopgm | pamedge | ppmtojpeg > sample3.jpg
輪郭線強調処理(モノトーン)

元画像をモノトーンにしてから輪郭線強調処理し、白黒反転 (pnminvert) する。

  jpegtopnm sample1.jpg | ppmtopgm | pamedge | pnminvert | ppmtojpeg > sample4.jpg
輪郭線強調処理(モノトーン)+白黒反転

2006年1月11日追記

10.25 の RPM には ppmtobmp コマンドなどに不具合があり、10.30 よりも使い勝手は悪いようです。これについては、上記のバグ修正パッチを適用した 10.31 の RPM を作り解決しました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

67 queries. HTML convert time: 1.281 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン