IE7.0 は標準準拠強化へ

2005-3-12 23:32
このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れる巨人立つか: IE 7 が標準準拠へ – えむもじら経由、Web::Blogoscope: [167] IE 7ではWeb標準サポートが強化より。Internet Explorer 7 は標準準拠が強化されるとのこと。

後方互換性にとらわれると Web標準サポートが徹底できないという事実を認識した上で、レンダリングモードが標準準拠モード(standards mode)の場合は互換性よりも準拠性を優先させ、過去互換モード(quirks mode)では文字どおり後方互換性を優先させるということである。

少し前に「IE7.0が今夏登場へ」という記事を書きましたが、その中で私は

IE7 が機能的に斬新的なものになるかどうかは分かりませんが、企業向けの Windows 2000 には対応しないことを考えると、互換性を維持するとは言いながら、実際には互換性はを多少犠牲にしても、先進的な機能を詰め込んでくることが考えられます。おそらくタブブラウジング、RSS には何らかの対応はあるでしょう。

CSS3 や XForms に対応してくる可能性もあります。その場合は Firefox と言えども再び窮地に立たされる可能性は高そうです。

と予測してみました。別にこれは当てずっぽうではなく、いろいろな観測から書いているわけですが、やはり互換性をある程度無視しても CSS などの標準には準拠してきますね。ちなみに現在の IE でも CSS の writing-mode など先行(独自)実装がなされていますが、Firefox などでは対応されていない部分もあります。マイクロソフトの技術力は侮れませんので、他のブラウザも本気で挑まないとならなくなるでしょう。

個人的には IE7 の標準準拠が強化されて、XHTML + CSS のきれいなコーディングがしやすくなれば言うこと無しです。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 0.950 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン