三重県立図書館の利用者情報13万件が紛失

2004-10-19 02:35
このエントリーをはてなブックマークに追加

INTERNET Watch の記事から。NEC の関連会社社員が、三重県立図書館の利用者に関する個人情報13万件を無断で持ち出した上、情報が入った PC が盗難に遭い紛失したそうです。PC には、利用者カード番号、姓名、生年月日、性別コード、住所などの個人情報が保存されていたそうです。

なぜ許可を得ずに個人情報を持ち出すのでしょうか。本人に個人情報保護の意識が欠如していたと言えばそれまでですが、実は個人情報を持ち帰って自宅の PC で作業している人って、意外と多いような気がします。理由としては、職場では作業が終わらないから、自宅に仕事を持ち帰るということなのでしょうが、私はそのような人には、次のように話をしています。

プロだったら自宅に仕事を持ち込まないこと。
ただしプロであれば自宅でも勉強をすること。

これは私のポリシーでもあります。自宅に Word や Excel のファイルを持ち帰って作業するのではなく、自宅で Word や Excel の使い方を勉強してマスターする。これが大事です。自宅で練習していれば、早く作業ができるから家に持ち帰らずに職場で作業が完了します。仕事は持ち帰るべきではありませんが、仕事のための技術を磨く努力は、常に怠ってはなりません。

私が見る限り、Word や Excel が使えると言う人でも、基本的な操作さえ覚束ない人が多いです。このような人はいくら持ち帰って個人情報ファイルをこね回していても上達しません。『できるWord & Excel』を買って勉強に徹しましょう。私だってできるシリーズで Excel を覚えたんです。持ち帰って作業する時間があるのなら、勉強もできるはずです。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 1.234 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン