PostgreSQL の Boolean 型の判定

2005-1-10 16:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

PostgreSQL には Boolean 型というのがありますが、WHERE 句での判定方法が通常と違うためにはまってしまいました。忘れないようにメモしておきます。

肯定の時は

  カラム名 = TRUE 
  カラム名 = FALSE 

でよいのですが、否定の時は、

  カラム名 IS NOT TRUE 
  カラム名 IS NOT FALSE

のようにしなければならないようです。 <> や != だと正しい結果になりませんでした。

4 Comments

  1. IF カラム名 THEN

    でいいのでは?

    Comment by asapon — 2005-01-13 11:30

  2. いや、WHERE 句での話なので。

    Comment by fumika — 2005-01-13 12:05

  3. うはっ、よく読めですな_| ̄|○

    Comment by asapon — 2005-01-15 15:03

  4. Re: PostgreSQL の Boolean 型の判定

    PostgreSQL の Boolean 型の判定より

    トラックバック by [牛] うしぶろぐ2005-01-19 12:16

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.200 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン