アクティブデスクトップ(の壁紙)を無効にする方法

2004-10-8 21:44
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 2000、XP Professional で、アクティブデスクトップを強制的に無効にする方法です。アクティブデスクトップは、壁紙のエリアに IE がフルスクリーンで鎮座していると思ってください。だから使うと非常に重くなります。これを無効にすることで、ユーザが深く考えずに重いアクティブデスクトップの壁紙を設定してしまうのを防ぎます。

20041008_activedesktop_disabled.png

まず、「ファイル名を指定して実行」から

  gpedit.msc

と入力してグループポリシーエディタを開きます。

グループポリシーエディタで、「ユーザの構成」-「管理用テンプレート」-「デスクトップ」-「Active Desktop」を開き、「Active Desktop を無効にする」の項目を「有効」にします。これで、HTML の壁紙は設定できなくなります。Windows2000 では、JPEG の壁紙も指定できなくなってしまいます。

もちろん、Active Directory環境ではドメインコントローラで設定するものですが、ワークグループ環境でも個々の PC・ユーザ で設定することができます。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.273 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン