Linux でカーネルパニック時に自動的に再起動させる設定

2011-4-19 18:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux でカーネルパニック時に自動的に再起動させる設定の方法です。/etc/sysctl.conf を編集します。

# /etc/sysctl.conf
kernel.panic = 5

kernel.panic = 5 の 5 は再起動までの秒数で、1から60まで指定できます。0にすると再起動しません。(デフォルト)

設定を追加したら保存し、次のコマンドで設定を反映させます。

/sbin/sysctl -p

確認方法は

/sbin/sysctl -n 'kernel.panic'

で値がセットされていれば OK です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

70 queries. HTML convert time: 1.465 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン