SysRqキーを使う

2004-2-4 11:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux では、何らかの理由でキーボード操作ができないときでも、カーネルが生きていれば、コンソールから Alt + SysRq + <コマンドキー> のように押すと、プロセスを終了したり、リブートするようにできます。これは緊急時に役立ちます。

実際にどのようなコマンドあるかは、sysrq.txt の翻訳版を見ていただけば分かります。ここで、この機能を有効にするにはカーネルコンパイル時に指定するとありますが、最近の Linux では、/etc/sysctl.conf ファイルの設定で有効にすることができます。

  kernel.sysrq = 1

kernel.sysrq の値を 1 に変更してリブートするか、sysctl -p として設定を読み直せば OK です。ためしにコンソール上で Alt + SysRq + T と打つと、現在のタスク一覧と情報が画面に出力されます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

23 queries. HTML convert time: 0.193 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2013 @ futuremix.org ログイン