Chromedit Plus の文字化けを解決

2010-11-25 00:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

Firefox のカスタマイズで、アドオンやテーマで対応できない部分で userChrome.css を編集したり、デフォルトの CSS の表示を変えるために userContent.css を変更することがあります。

これらのファイルは Firefox のユーザプロファイルに格納されているのですが、ファイルのある場所を開くのがいちいち面倒です。

これを簡単に編集できるのが ChromEdit Plus というアドオンです。

Firefox のメニューに追加された ChromEdit Plus のメニュー

インストールして Firefox を再起動すると、[ツール]メニューの中に ChromEdit Plus の項目が追加されています。ここから userChrome.css や userContent.css を変更できるようになります。ところが、

ChromEdit Plus の文字化け

ChromEdit Plus を開いてみると、userChrome.css や userContent.css のコメントが文字化けしています。

これは ChromEdit Plus の問題かと思いましたが、実は元々の userChrome.css や userContent.css のファイルが文字化けしているのでした。

これを直すためには、まず [ツール]-[ChromEdit Plus] のメニューから [Chrome Folder]を開きます。

Firefox の Chrome Folder

他のエディタで開くとわかりますが、ここにある userChrome.css と userContent.css ファイルがそもそも文字化けしています。

それぞれ -sample.css とついている方を userChrome.css と userContent.css にリネームして使います。

文字化けが解消されたChromEdit Plus

これで ChromEdit Plus を開くとコメントが文字化けしないで表示されます。

私が Firefox で必ず行っている設定は、サイドバーを右側に表示する設定で、userChrome.css に次のように記述します。

/*
 * サイドバーを右側に表示する。
 */
window > hbox  { direction: rtl; }
window > hbox > * { direction: ltr; }

この内容を Save して Firefox を再起動すれば、サイドバーが右側に表示されるようになります。

その他、userChrome.cssジェネレータで userChrome.css の記述を自動生成できるのを使ったりしています。これは便利なサービスですね。

  • ブックマーク : アクセス: 5,715回
  • カテゴリー : Firefox
  • キーワード :

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.025 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン