ニコンが3D対応Androidフォトフレーム。ただし会員限定サービス

2010-10-26 22:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

Nikon が Android 2.1 を採用した 7.2型フォトフレームを発表しました。しかも裸眼立体視対応です。

これはニコンが発表した「my Picturetown 3D」サービスの会員に貸し出されるものです。このサービスでは3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」の貸出しのほか、2Dの写真から#d写真を擬似的に生成するサービスも行ないます。

月額会員費1,995円で、年払いだとお安くなります。3D写真への変換は月3枚までは無料で、それ以降は有料です。

2011年2月末までの期間限定で、マグナム・フォトの写真家による、“写真家がファインダー越しに見ていた光景の再現”をコンセプトにしたスペシャルコンテンツ「TOKYO」も用意されています。

無線LAN だけでなく有線LANにもた言おうしているのもポイントです。 将来的には開発者向けの SDK も用意されるということですので、フォトフレーム以外にも幅が拡がりそうですね。Android アプリの開発機として利用できるかもしれませんね。

  • ブックマーク : アクセス: 10,244回
  • カテゴリー : Android
  • キーワード : ,

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

23 queries. HTML convert time: 0.317 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2013 @ futuremix.org ログイン