Windows7 PC に Buffalo メモリ D3U1333-2GX2/E 増設

2010-4-1 11:23
このエントリーをはてなブックマークに追加

自作した Windows 7 の PC がずっと不調でブルースクリーンが多発していたのですが、いろいろパーツを取り外しながらテストしていたところ、メモリの不具合と判明。2枚で 8,000円弱で購入しましたがやはり品質も値段なりだったのでしょうか。

秋葉原のショップで購入した PQI の DDR3-1333 2G×2 を差していたのですが、片方がダメになっていたようです。まだ数ヶ月しか経っていないのに早すぎですが、バルクなので交換もできず、かといって 2G で運用は苦しいので増設することに。

今回は Amazon でBUFFALO の PC3-10600(DDR3-1333) 2GB 2枚組 D3U1333-2GX2/Eを購入してみました。これは、バッファローの白箱に入っている製品で、家電量販店などで販売されているパッケージに比べると保証期間が6年から1年間短くなっているものの、5年保証が付いています。しかもバルク品と比べて値段もそれほど割高ではなく、Amazon がほぼ最安値で送料も無料だったので早速注文。

PC3-10600(DDR3-1333) 2GB 2枚組 D3U1333-2GX2/E を購入

届いたメモリを早速装着しました。以前の PQI のメモリも残してあります。これはデュアルチャネル動作はしないもののトータルで 6G バイトのメモリが使えるようになりました。

システムのプロパティのスクリーンショット

Windows エクスペリエンス・インデックスの値を計測するとろ「メモリ(RAM)」の値は 7.2 (最高は7.9)と問題のない数値でした。ちなみにグラフィックスの値が低いのはグラフィックボードを使わずマザーの内蔵グラフィックを使用しているためです。メモリも一部が内蔵グラフィック用に確保されているので、実際にシステムで利用できるのは 5.75 Gバイトとなっていますね。

WIndows エクスペリエンス・インデックスの値

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.234 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン