ソニーが 2481万画素のフルサイズCMOSセンサー発表

2008-1-30 15:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーのプレスリリースより。35mmフルサイズで有効2,481万画素の デジタル一眼レフ向け CMOS センサーを開発したとのこと。

現在 35mm のフルサイズ機はキヤノンとニコンが出しています。ソニーはフラッグシップ機の開発し表明していましたが、フルサイズとは明言していませんでした。しかし、レンズのラインナップが 35mm サイズでないと本領発揮できないものも多いことから、いずれ 35mm フルサイズの CMOS センサーを発表し、フラッグシップ機 (α900と言われています) に搭載すると言われていました。

予想では Nikon D3 の 1,200万画素か、Canon 1D mark3 の 1,600万画素でないかと言われていましたが、今回の発表で 2,480万画素 CMOS の搭載の可能性が高くなりました。これは Canon 1Ds Mark3 の 2,110万画素を上回ります。しかし、値段も高くなりそうですし、高感度ノイズも気になります。

α300 と α350 のようにボディは共通でセンサーだけ違うモデルで、α900 (1200万~1600画素)と α950 (2481万画素) と2種類出るかもしれません。そうすればキヤノンの売れている廉価版フルサイズ機の 5D やその後継機にも対抗できるのではないでしょうか。PMA でフラッグシップ機まで発表されるか分かりませんが、楽しみですね。

  • ブックマーク : アクセス: 6,433回
  • カテゴリー : 写真
  • キーワード : , ,

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 1.293 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン