sendmail で Submission ポートを有効にする

2005-7-11 22:14
このエントリーをはてなブックマークに追加

WAKWAK やぷららがポート 25 をブロックを開始しました。ISP 以外のメールサーバを利用する場合は、SMTP ポート (25) ではなく、Submission ポート (587) を使うようにとアナウンスされています。

以下は Red Hat Linux 9 + sendmail 8.12.8 での設定方法です。sendmail で Submission ポートを有効にするには、/etc/mail/sendmail.mc の次の行のコメント (dnl)を外して有効にします。

  DAEMON_OPTIONS(`Port=submission, Name=MSA, M=Ea')

Submission のみにするのではなく、今まで通りのポート 25 と併用したい場合は、SMTP の設定も追加します。

  DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp, Name=MTA')dnl
  DAEMON_OPTIONS(`Port=submission, Name=MSA, M=Ea')dnl

sendmail.mc を sendmail.cf に変換します。

  # make -C /etc/mail

sendmail を再起動します。

  # service sendmail restart

これで sendmail で submission ポートが有効になりました。iptables でファイアウォールを設定している場合には、ポート 587 の tcp を許可する必要があります。

メールクライアントでは、SMTP サーバの設定で、いままでのポート 25 の代わりに 587 を指定すれば OK です。

20050711_port587.png
  • ブックマーク : アクセス: 25,876回
  • カテゴリー : メール
  • キーワード :

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.152 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン