Temlnet による SMTP のテスト

2009-11-25 22:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
  smtp-telnet

Telnet コマンドによる SMTP のテスト方法です。

$ telnet mail.example.com 25  //接続
Trying xxx.xxx.xxx.xxx...
Connected to mail.example.com (xxx.xxx.xxx.xxx).
Escape character is '^]'.
220 mail.example.com ESMTP Postfix
HELO example1.jp    // 普通は接続元のホスト名を知らせますが、何でも構いません。
250 mail.example.com
MAIL FROM:hoge@example1.jp
250 2.1.0 Ok
RCPT TO:test@example.com
250 2.1.5 Ok
NOOP       //←何もしないが接続を途切れさせないためのダミーコマンド
250 2.0.0 Ok
DATA        //これから本文を送信するという合図
354 End data with <CR><LF>.<CR><LF>
Subject: Test mail
From: Hoge@example2.jp    //From は先の MAIL FROM と異なることも
To: test@example.net         //To は先の RCPT TO と異なることも(cc や bcc のメールのように)
aaa           //本文
bbb
.               //← ピリオドだけの行で入力終了
250 2.0.0 Ok: queued as 9ABFF188185
QUIT        //接続を終了します
221 2.0.0 Bye

SMTP 認証で使える認証方法を確認するには、EHLO ホスト名とします。HELO ではなく EHLO であるところに注意してください。

EHLO localhost
250-mail.example.com
250-PIPELINING
250-SIZE 10240000
250-VRFY
250-ETRN
250-AUTH LOGIN PLAIN
250-AUTH=LOGIN PLAIN
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-8BITMIME
250 DSN

AUTH には、DIGEST-MD5, CRAM-MD5, LOGIN, PLAIN などの認証方法が列記されます。上記の例では MD5 は使えないことになっています。

AUTH=LOGIN のような記述は一部のおかしな挙動をする MUA のためのものです。主に Outlook Express や古い Exchange が該当します。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 1.276 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン