Fedora Legacy アップデート 2004/10/23

2004-10-26 22:48
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと更新が遅れましたが、Fedora Legacy Project から、kernel と tripwire、glibc のセキュリティ修正パッケージがリリースされています。kernel はようやくリリースされました。半年分の致命的なバグやセキュリティホールが修正されています。

  • kernel (7.3, 9)
    オーバーフローなどにより、権限の昇格やクラッシュ、DoS などが引き起こされる様々なバグ・セキュリティホールが修正されています。(CAN-2004-0619, CAN-2004-0497, CAN-2004-0587, CAN-2004-0658, CAN-2004-0415, CAN-2004-0427, CAN-2004-0495, CAN-2004-0535, CAN-2004-0554, CAN-2004-0228, CAN-2004-0178, CAN-2004-0181, CAN-2004-0394, CAN-2004-0003, CAN-2004-0109, CAN-2004-0133)
    2.4.27 で修正された欠陥のうち、CAN-2004-0685 CAN-2004-0565 が入っていないですね。
  • tripwire (7.3, 9)
    いわゆるフォーマット文字列バグの修正。(CAN-2004-0536)
  • glibc(7.3)
    DoS が引き起こされる欠陥が修正されたようです。(CAN-2002-0029)

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.283 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン