Windows Server の新版が登場か?

2004-3-8 10:49
このエントリーをはてなブックマークに追加

CNET Japan の記事によると、Microsoft が Longhorn 発売前に Windows Serverもアップデートするそうです。まだ「検討していることを認めた」段階だそうですが、先日の Windows XP reloaded とあわせて読むと、興味深いです。

これらの新版リリースが物語っているのは Longhorn (コードネーム)のリリースが遅れるということでしょう。Longhorn の遅れの穴埋めをするために、つなぎとして新しい OS を投入するわけです。2005 年に予定されている Longhorn のリリースが先に伸びれば、MS としては売上が減るわけですから、つなぎとして新商品をリリースしなければならないという事情もあるでしょう。もし Office も「つなぎ」バージョンが登場することになったら、Longhorn のリリース延期は確定でしょう。それも、おそらくは 2007 年以降でしょう。

Longhorn が遅れても、その分、安定した状態でリリースされるのであれば大歓迎です。つなぎとしてリリースされる新版 OS も、安定バージョンであれば、問題ないと思います。現時点で予測できるものとしては、Service Pack の適用や、セキュリティの強化、無償配布となった Services for Unix の組み込みなどでしょう。

しかし、Windows Me の悪夢を経験しているから、みな慎重になるとは思いますが。MS には、Windows Me と同じ失敗を繰り返さないで欲しいと思いますが……。

平成16年5月10日追記

MicrosoftがXP Reloaded計画の変更を認めるという記事が出ています。これによると、XP Reloaded は OS 新バージョンではなく、Windows XP SP2 や、Media Center Edition などの販促キャンペーンとなるそうです。まあ、Windows Me の悪夢再来は避けられたわけですね。

  • ブックマーク : アクセス: 2,501回
  • カテゴリー : Windows

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.214 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン