Red Hat Linux 9 の静的経路設定

2004-1-19 18:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

Red Hat Linux 9 で静的経路を設定する方法です。デフォルトゲートウェイの設定ではありません。route コマンドで設定する方法は検索するとたくさん見つかりますが、再起動すると消えてしまいます。ここでは、ファイルに設定する方法を書いておきます。

Red Hat Linux 8 以降では、/etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0 ファイルに記述します。eth0 の部分はインターフェース名ですので、必要に応じて適宜読み替えて下さい。Red Hat Linux までは、/etc/sysconfig/static-route ファイルに書くことなっていましたが、現在ではこの方法は使えません。

  # vi /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0

ネットワーク 192.168.100.0/24 へ 192.168.1.2 というルータを経由する設定をする場合は、次のように設定します。

  192.168.100.0/24 via 192.168.1.2

設定ファイルに書く内容はこれだけです。保存してネットワークの設定を再読込ます。

  # service network reload

route コマンドで設定が反映されているか確認します。

  # route
  Kernel IP routing table
  Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
  192.168.100.0   192.168.1.2     255.255.255.0   UG    0      0        0 eth0
  192.168.1.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
  169.254.0.0     *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth0
  127.0.0.0       *               255.0.0.0       U     0      0        0 lo
  default         192.168.1.1     0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 1.208 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン