Excel の左寄せ・右寄せのショートカットキー

2011-1-27 09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel で頻繁に使う機能でもショートカットキーが設定されていないものがあります。

左揃え(左寄せ)・中央揃え(中寄せ)・右揃え(右寄せ)コマンドにショートカットキーを設定する方法です。Excel 2003 で試しました。

Excel のツールバーにある「左揃え」「右揃え」などのコマンドボタンがあります。

Excel のツールバーにあるコマンドボタン

このボタン上でマウスを右クリックして「ユーザ設定」を選びます。

表示される「ユーザ設定」ダイアログは開いたままで使わず、「左揃え」ボタン上で右クリックします。

「左寄せ」ボタン上で右クリックして「イメージとテキストを表示」を選択

「イメージとテキストを表示」を選択します。これでボタンの隣にテキストが表示されます。中央揃え・右揃えボタンも同様にイメージとテキストを表示させます。

コマンドボタンの隣にテキストを表示させる

テキストを表示させたら「ユーザ設定」ダイアログボックスを閉じます。このテキストが表示されている状態で Alt + L, Alt + C, Alt +R でそれぞれ「左揃え」「中央揃え」「右揃え」ボタンを押したのと同じになりますので、ショートカットキーとして活用できます。

なお、「図形描画」ツールバーを表示させていると「図形の調整」コマンドがデフォルトではテキストが表示されており、キーとして「(R)」が割り当てられています。

これについても右クリックして「ユーザ設定」を選び、メニューからテキストを変更することでショートカットキーの衝突を回避することができます。

「図形の調整」ボタンの名前を変更する

たとえば「図形の調整(&Z)」などとします。かならず「アンパーサンド (&)」を入れる必要があります。

この方法を応用すれば、他のコマンドのショートカットキーも設定できます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

70 queries. HTML convert time: 1.404 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン