Acrobat / Adobe Reader に任意のコードが実行される欠陥

2005-8-17 09:19
このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe の発表によると、Acrobat および Adobe Reader にバッファーオーバーフローの欠陥が見つかりました。リモートからクラッシュを引き起こすことが可能で、任意のコードが実行される可能性もあるとのこと。Secunia の勧告によれば危険度は 5 段階中 4 番目の Highly critical

このセキュリティホールが悪用されると、悪意のあるサイトを閲覧したり、メールのリンクをクリックするだけで、ウィルスやスパイウェアをインストールされたり、データが破壊される、情報が盗まれるなどの可能性が考えられます。

回避策は Acrobat または Adobe Reader を 6.04 または 7.03 にアップデートすることです。Windows だけでなく、Mac OS、Unix (Linux 等)も対象です。まだ日本語の案内はでていませんが、Adobe のサイト(英語)からアップデーターをダウンロードできます。”multiple languages” と書かれているものを選べば OK です。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 0.998 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン